育毛剤効果

育毛剤効果/育毛剤のことを正しく理解しましょう。

育毛剤効果

AGA(男性型脱毛症)対策は2段構えで行いましょう。

 

まず第一は、AGAによる抜け毛、薄毛の原因を治療して抜け毛を止める対策です。

 

その方法は「フィナステリド」を配合した育毛剤を使用する事です。

 

「フィナステリド」は、抜け毛の原因であるDHTと呼ばれる男性ホルモンに関係の深い酵素の生成を抑えて、抜け毛を根本から防ぎます。

 

 

フィナステリド」を配合した育毛剤では、飲む育毛剤「プロペシア」が有名です。

 

対策の二つ目は、新しく髪の毛を生やすことです。

 

この対策は「ミノキシジル」と言う発毛成分により、頭皮の血行を促し、栄養補給をたっぷりすることにより、新しい毛を生やすことです。

 

「ミノキシジル」を使った育毛剤では、何といっても大正製薬の「リアップ」がテレビなどメディアを使ったCMで知名度は抜群です。

 

 

育毛剤で最大の効果を発揮させるためには、この二つを合わせて行うことが最も重要になります。

 

「フィナステリド」で抜け毛を抑えつつ、「ミノキシジル」で発毛させると言う2段構えですね。

 

育毛剤を使用するだけでなく、一日一回は洗髪をして頭皮を清潔に保つことも大変重要です。

 

ただし、シャンプーを落とすためのすすぎが十分でないと、頭皮の毛穴に残りカスがたまり、発毛を妨げ抜け毛の原因にもなりますので、しっかりすすぎをしましょう。

 

髪の毛を作る細胞に十分血液を送るためには、有酸素運動などで身体を動かしたり、髪の毛を育てるために必要な栄養分を摂取する事も大事になってきます。

育毛剤効果種類

育毛剤には「飲む育毛剤」と「頭皮に塗りこむ育毛剤」の二種類があります。

 

1.飲む育毛剤

 

@プロペシア(フィナステリド)

 

プロペシアは最初から育毛剤として開発されたわけではなく、前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、服用した患者さんらから「髪の毛が生えてきた」との報告が相次いだため、フィナステリドがAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可された経緯があるんです。

 

2005年12月に万有製薬(株)から発売されました。

 

AGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制することで、脱毛や髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

 

Aフィンペシア

 

プロペシア(フィナステリド)と同じ成分を持った後発薬ですが、プロペシアの特許が2019年まであるため、正確にはジェネリック医薬品とは呼べません。

 

なぜ特許が切れていないのに製造が可能かと言うと、フィンペシアの製造元であるインドの「シプラ社」が、医薬品の特許条約に加盟していないため、特許が切れていない製品でも製造できてしまうんです。

 

インドの場合、インドの国内法で決められた特許でない限りは、他の国の特許が残っていても製造が可能なんですね。

 

2.塗りこむ育毛剤

 

@リアップ(ミノキシジル)

 

1999年に大正製薬から発売された知名度抜群の育毛剤です。

 

成分であるミノキシジルも最初は米国のファイザー社(当時のアップジョン社)が、高血圧の薬として開発したんですが、後に育毛効果が発見され、1980年代になってファイザー社がAGAや脱毛症の薬として「ロゲイン」と言う名前で販売し始めたんです。

 

Aツゲイン

 

「ロゲイン」のジェネリックでインドの製薬会社で製造されています。

 

ジェネリックのため「ロゲイン」よりもかなり安く購入出来ると人気の育毛剤です。

育毛剤効果ジェネリック

ジェネリック医薬品とは医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社がべつの商品名で製造・供給する医薬品の事で、新薬と同じ主成分であり「後発薬」と呼ばれることもあります。

 

ジェネリック医薬品と言う言葉も、最近では、テレビや新聞などのメディアで取り上げられる機会も増えてきました。

 

実際薬局でも最近は厚生労働省の指導なのか、「この薬にはジェネリックがありますがどうしますか?」と聞かれるようになってきました。

 

実際「プロペシア」を薬局で買うとなると、結構いい値段がしますよね。

 

ところが、プロペシアと同じ成分であるフィナステリド1mgを含有したジェネリック薬の「フィンペシア」は100錠が\4,480なのに対して、「プロペシア」は28錠で\10,980もするんです。

 

1錠で比較すると実に9倍近い値段になってしまいます。

 

いかにジェネリック医薬品が安いかわかりますよね。

 

一方「リアップ」にはまだジェネリックがないのですが、育毛効果化が期待できる同じ成分のミノキシジルを含有した「ロゲイン」のジェネリック「ツゲイン」を通販で手に入れることは可能です。

 

さらに「ツゲイン10」は、ミノキシジル10%と「リアップX5」のミノキシジル5%の2倍の成分が入っているんです。

 

と言うことは、単純計算で「リアップX5」の2倍の効果が期待できるということです。

 

ちなみに、「リアップX5」は価格:6,660円なのに対し、「ツゲイン10(ミノキシジル10%)」は価格:\5,500です。

 

日本国内では「リアップX5」が販売されているため、「ツゲイン10(ミノキシジル10%)」は個人輸入代行業者から購入する事になります。

 

ジェネリック医薬品を上手に利用したいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ